まるで新築のような使い心地!キッチンリフォームとは?

■キッチンのリフォーム

まずは、キッチンのリフォームについて見ていきましょう。


◎キッチンスタイルの違いとは?

キッチンには、いくつかのスタイルがあります。

リビングとキッチンの空間が繫がり開放的なのが「オープンキッチン」です。家族とのコミュニケーションが取りやすく、子育て世帯から人気があります。

「クローズドキッチン」は、キッチンが完全独立でリビングから見えることはありません。調理中に集中したい人に向いているスタイルです。

また、「オープンキッチン」と「クローズドキッチン」の中間が「セミクローズドキッチン(セミオープンキッチン)」。リビングと空間で繋がっていますが、吊戸棚や壁などを設けて半独立にしています。

どんなスタイルが生活に合っているか、家族みんなで話し合ってみましょう。


◎キッチンの「対面」と「壁付け」とは?

キッチンの配置は、主に「対面式」と「壁付け」があります。

リビングに向けてキッチンを配置するのが「対面式キッチン」。リビングの方を向きながら調理ができ、子供の様子を見たり、話したりなどが可能。家族とのコミュニケーションが深まるので新築でもリフォームでも人気があります。

ただ、対面式にするには広さが必要で、リビングが狭くなる可能性もあるでしょう。

一方、壁付けキッチンの場合、リビングが広く使える点がメリットです。しかし、後ろ向きで作業しなければならず、子育て中は不安が残るでしょう。また、キッチンが丸見えで、常に整理整頓しなければならないのもデメリットです。


◎キッチンリフォームのメリット

キッチンをリフォームするメリットは、見た目がガラリと変わる点です。本来、キッチンは清潔感が欲しい箇所なのに、古いキッチンは色もくすんでしまっています。でも、リフォームで新しくすればピカピカに輝いたキッチンで気持ち良く調理ができるでしょう。

また、自分の動線に合ったキッチンスタイルにリフォームすれば、作業効率も高まり、家事に費やす時間が短縮できそうです。



アーカイブ

人気記事